「がぞりん」は逆アクセスランキングに連動してリンク画像を表示する画像RSSブログパーツです。


サポートブログ内の記事へパッとアクセスできるように目次を作りました。

がぞりんとは

がぞりん

がぞりんとは
アクセスランキングに連動し、
ユーザ用意またはRSSから取得した情報を基に、
リファラを自サイトURLとした、
画像/テキストリンクを自動的に生成/更新する、画期的なアクセストレード支援ツールです。

なぜこうした機能が画期的であるのか?
どういうメリットがあるのか?
少し説明をさせていただきましょう。

「おぉ、そりゃすげー!」と思って頂ける方は以下はすっ飛ばしてがぞりんの準備へお進み下さい(笑)

 

さて、ブログやサイトの運営において、相互リンクはアクセスアップを目指す上で効率的な一つの手段です。テキストリンクや画像のリンクを互いに設置しあい、ユニークアクセスを流し合うという手法はブログやサイトの運営者であれば誰しも経験があることでしょう。

日々相互リンクを依頼し、依頼され、そのたびにテキストRSSや画像リンクを自サイト内に設置していくわけですが、その管理を面倒に思ったことはありませんか?

「いつの間にか画像リンクを設置していた先のブログが消滅していた」
「こちらからは大量にアクセスが流れているのに、相手からは半分も返って来ていない」
「大量のアクセスを送ってくれるサイトに気づくのが遅れて十分なアクセスをお返しできないままだった」

そう気がつくたびに画像リンクやテキストリンクの設置位置を修正したり、並びを入れ替えたり…。自サイトが成長して、相互リンクを交わす相手が増えるにつれ相互リンク管理は意外と面倒で時間のかかる作業になるものです。

そこでよく使われる方法が相手サイトのRSSを参照してテキストリンクや画像リンクを自動生成するツールの活用です。無料で使えるツールが色々あるので、使ったことがある方も多いのではないでしょうか。

例えばテキストRSSであれば画RSSが有名なものでしょう。
RSSを利用した画像リンク作成ツールでは、複眼RSSFeeDaなどがあります。

これらのツールの良い所は、表示させる対象サイトを一旦登録してしまえば、あとは放ったらかしで毎日最新記事を表示させてくれるという点でしょう。利用方法も比較的簡単で、発行される一行または数行のコードを自サイトの表示させたい箇所にコピペするだけなので、htmlやcssの知識をお持ちでない方でも使い始められるという敷居の低さも魅力的です。

一方、使い続けている内に対処できない問題があることにも気がつくはずです。人によって問題と感じる箇所や大きさは異なるかもしれませんが、独自サイトの運営者がアクセスアップのために使うツールであるという観点からは3つの問題点が挙げられます。それが、リアルタイム対応性、サイト属性の維持、リンク元リファラの維持、です。

問題点#1 リアルタイム対応ができない!

リアルタイム対応性とは急にアクセスを送ってくれるようになったサイトへの対応力です。上で挙げた「大量のアクセスを送ってくれるサイトに気づくのが遅れて十分なアクセスをお返しできないままだった」という事象が良い例でしょう。

従来のツールでは一旦登録すると放ったらかしで使えるというお手軽さの反面、急激にアクセスを送ってくれるようになった新規のサイトが現れた際には、その都度そのサイトを登録しなければいつまで経ってもお返しのアクセスを送ることはできません。

放ったらかしで使えるが故に、登録サイトの管理を怠っているとあまりアクセスを送ってくれていないサイトへ不要なアクセスを送っていたり、大量のアクセスを送ってくれているサイトにお返しができていない、という状況になりがちなのです。

しかし、もし、自サイトに設置しているアクセスランキング順位に連動し自動的に入れ替わる画像リンクやテキストリンクが設置できたら便利だと思いませんか?

問題点#2 サイト属性の維持ができない!

また、従来のRSSを参照するツールの場合、相手サイトの最新記事を参照して表示するため、どうしても自サイトの属性と異なるテキストや画像が表示されることを許容する必要があります。サイト属性が維持できないのです。

テキストであればまだしも、画像リンクをRSS参照で作成させている場合には属性の異なりが際立ってしまうこともしばしばあります。Aという属性を狙って運営しているサイトに、全く異なるBという属性向けの画像リンクが表示されていてもクリックされる数は伸びないかもしれません。

見た目にも運営者として気になるところですし、第一お返しのアクセスが誘起できないのでば画像リンクを設置している意味がありません。

さらに、RSSを提供していないサイトや、提供していてもプログラムで自動的に取得できないような作りになっているサイトには対応できないという致命的な問題を抱えています。RSS連動だけでは相互リンクでアクセスアップを狙う、という戦略を完全には解決できないのです。

一つの解決策として「RSSを使わずに、サイト属性を損なわないよう自分で用意した画像やテキストを使った固定テキスト/固定画像のリンクを設置する」という考えが浮かびますが、この方法では常に同じ画像やテキストが表示されるため再訪問率の高いサイトではクリック率の低下を招きかねません。もちろん、第一の問題点であったリアルタイム性もありません。

では、ランキング順位に連動してユーザが用意した画像/テキストをランダムに入れ替えて表示させることができたとしたら、どうでしょうか?

問題点#3 リファラが自サイトURLではなくなる!

実はこれが一番大きな問題かもしれません。せっかくアクセスを送っても、相手サイトに設置しているランキングシステムに自サイトからのアクセスと認識されないのです!これでは何のためにリンクを設置しているのかわかりません。

これは従来のRSSツールが使い勝手を追求し、htmlやcssが判らない初心者でもすぐに設置して使えるように工夫した結果です。そのおかげで確かにとても手軽に使いはじめることができますが、肝心のリファラが自サイトにならないのでは元も子もありません。

例えば複眼RSSで作成した画像リンクはこのようなURLを持った一つのファイルになります。

http://jpn4.fukugan.com/rssimg/rssimg.php?key=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

FeeDaで作成した場合はこうなります。

http://feeda.info/publish/?user_id=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx&FeeDaVer=3&raw=1

※ xxxxxx… の部分は各ユーザのIDが入ります。

こうしたファイルを<iframe>などで自サイトに埋め込むわけですが、その上の画像リンクをクリックした場合、相手サイトのアクセスランキングシステム上では上記のURLからのアクセスとしてカウントされてしまいます。

自サイトのURLからのアクセスとして見なしてもらうには、相手サイトの管理人に連絡をとり、置換設定をお願いする他ありません。ある程度付き合いのあるサイト間であれば問題無いでしょうが、ネット上のアクセストレードではそうでは無い場合の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

さらに問題なのは、こうした従来ツールを使っている方自身、このようなリファラの問題があることを認識していない場合が多いのです。相手サイトの管理人に置換を依頼する以前の問題ですね ^^;

手軽さ故の問題なのですが、重要なのは正確に自サイトからのアクセスであることを相手のアクセスランキングシステムに認識させることに他なりません。そうであるならば、少々のhtmlやcssの知識が要求されるとしても、確実にリファラが自サイトURLとなるリンクが作成される方が良いのではないでしょうか?

がぞりん はこうした従来型ツールの問題を解決し、新たな視点でアクセスアップを目指す全てのウェブ管理者のために開発されました。
アクセスランキングに連動し、
ユーザ用意またはRSSから取得した情報を基に、
リファラを自サイトURLとした、
画像/テキストリンクを自動的に生成/更新する、画期的なアクセストレード支援ツールです!

特徴#1 ランキングシステム連動!

自サイトに設置しているACRまたはi2iランキングシステムの順位に連動した画像リンクを生成します。

多くのアクセスを送ってくれる上位サイトにはクリックが誘起されやすいサイトトップに大きな枠を与え、あまりアクセスの多く無いサイトにはサイト下部に枠を与える、と言った効率的なアクセストレード運用が可能になります。

またランキングシステムへの連動によりリアルタイム対応性を確保できるため、急激にアクセスを伸ばしてきたサイトにも自動的に対応することができます。
「大量のアクセスをもらっていたのに、気づくのが遅れて相手からのアクセスが止まっちゃった… ToT」
などという悲しい事故はもう起こりません!

これからのアクセストレードに重要なのは、サイト毎に設置枠を作るのではなく、ランキング順位毎に設置枠を用意する、という新しい考え方です。
※ i2iランキングへの対応は現在開発中です。

特徴#2 ユーザ用意とRSS情報のハイブリッド方式

従来のRSS情報取得による方式の2つの問題点である、「自サイト属性を損なう」「RSSを提供していないサイトに対応できない」を同時に解決します!

がぞりんではユーザが予め用意した画像とテキストを使った画像リンクをまず生成し、もし予め用意された画像の無い新しいサイトが登場した場合にはそのサイトのRSSを参照して画像リンクを作成します。

これにより「自サイトの属性を維持する」ことと「RSSを提供しないサイトにも対応する」ことに主眼を置き、かつ、急激にランキングを上がってきたサイトにはRSS情報で対応することができるようになりました。複数の画像を用意しておけば、それらをランダム表示させることもできるため再訪問率の高いサイトでもクリック率を落としません。

さらにRSS情報を取得できなかった時には別途予め用意した画像を使ったリンクを暫定的に作成。不格好にサイト上のレイアウトに穴を開けてしまうことを防ぎます。

①まずユーザ用意の画像を使い
→ ②ユーザ用意の画像が無い場合にはRSS情報を参照し
→ ③RSSで画像情報を取得できなければ、別途用意のユーザ画像を利用する
こんな感じですね。

もちろん従来型のツールと同様に、②のRSS情報のみを使った運用もできます。

特徴#3 リファラは自サイトURLを完全維持!

がぞりんではアクセストレードの根本であるアクセスを大切にします!がぞりんで作成した画像/テキストリンクからのアクセスは全て完全に自サイトのURLをリファラとして相手サイトのランキングシステムに認識されます。もう相手サイトの管理人に置換処理を頼なければならないような面倒はありません。

そのためにはほんの少しだけhtmlとcssの知識が必要になりますが、手軽な反面送ってもランキング集計されないアクセスを送るのと、ちょっとだけ知識を付けることできっちりランキング集計されるアクセスを送ることと、どちらが重要であるかアクセストレードを重要視しておられる管理人さんであれば選択の余地はありませんよね?

 

今すぐにがぞりんを活用してより効率的なアクセストレードを実現しましょう!
→ がぞりんの準備

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 10月 22日

お勧め記事トップ5

ACRランキング上位5サイトの画像リンクを、RSSで取得した画像を使って表示しています。
→この表示方法を知りたい

お勧めおっぱい記事トップ5

ACRランキング上位5サイトの画像リンクを、RSSで取得した画像の内、おっぱいに関する記事を優先的に使って表示しています。
→この表示方法を知りたい

ピックアップ記事

ランキング順位とは無関係に、一押しサイトのRSSを取得してランダム表示させています。
→この表示方法を知りたい

がぞりんアクセスランキング

外部サービスによるアクセスランキング


本サイトの画像リンクは「がぞりん」を利用しています。

アクセスランキング
全ランキングはこちら

人気記事紹介

ACRランキングに連動し、上位10サイトのRSSを取得してテキスト表示させたテキストRSS風の表示です。先頭と末尾の1行ずつは広告です。この広告もがぞりんで任意のものを設定できます。
→この表示方法を知りたい

パワープッシュ!

ACRランキングとは無関係に、今この瞬間お勧めの記事を紹介することができます。
→この表示方法を知りたい
ページ上部へ戻る